くまモンについて

最近,熊本のPRマスコットキャラクターの「くまモン」をよく見かけます。

というのも,以前熊本に旅行に出かけたときに食べて以来気に入っている「太平燕」という料理のパッケージに,くまモンが起用されているからです(画像参照)。

 

ある意味,強烈なインパクトのあるパッケージですよね。

 このくまモンについて法的に非常に興味深いのが,くまモンの著作権に関する事情です。

くまモンの著作権は現在熊本県が保有しているのですが,国内において企業等がキャラクターグッズ等でくまモンを使用する場合,熊本県の許可があれば無料でくまモンを利用できるのです。

http://kumamon-official.jp/application

熊本県が作成している規程によると,くまモンの利用料については,「当分の間,無料」とのことですが,このようなご当地キャラクターの活用としては画期的だと思います。

利用料を要しないとのことになれば,キャラクターを容易に利用しやすくなりますし,その結果熊本の振興に資することになれば,キャラクター利用料以上の税収等が見込まれる。

非常に面白いアイディアなのではないでしょうか。

参考までに,くまモン以前のご当地キャラクターの代表格であるひこにゃんの商標使用について,彦根市はその利用のすべてを無償にはしていません。

http://www.city.hikone.shiga.jp/kikakushinkobu/150ht/trademark01.html

ご当地キャラクターは,年々増えていますが,その商標等の利用については,このくまモンのケースを踏まえる自治体が増えるのではないかと感じました。

所長弁護士 三浦久德

・金沢弁護士会所属

 (弁護士17年目)

 

◎ご予約は

ご予約ページ 又は

076-233-1221まで

電話受付時間

(月~金曜9~17

上の時間以外でもお気軽

お問い合わせください。土・日相談のご希望は、金曜日の午後5時までにご連絡をお願いします。

 

 ◎駐車場のご案内

建物の1階が,当事務所の駐車場(2台分)となります。